お茶の効能3 濃ければ肌に良いわけではありません

投稿者:貴喜遵弥

お茶の効能3 濃ければ肌に良いわけではありません

家でお茶を炊くときはパックのお茶をやかんに入れて炊いていると思います。

対面鑑定時に調査する時には、実物を持ってきてもらっても構わないですし、カラープリントした画像や商品名称、メーカーなどからも依頼者との体質適合指数などをお調べできます。

これは化粧品鑑定の時のスタイルと同様です。

新鮮なはと麦茶のティーパックがあったとしても、全メーカーのはと麦茶が体質に合っているかというわけではない事は、前回ウーロン茶のお話でもしたとおりです。

人それぞれに肌の悩みや状態は違うわけですから、必要なお茶も違うし、そのお茶の中でも合致しているものかどうかはフリハ調査でないと正確にはわかりません。
詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 肌質と皮膚トラブル研究所
≫≫ 理想からだ研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

依頼・支払い・利用案内
鑑定

著者について

貴喜遵弥 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。