肌が弱い人は、普通の人がしないレベルのことをしないと

投稿者:貴喜遵弥

肌が弱い人は、普通の人がしないレベルのことをしないと

特に肌が弱い人は、薬に頼っているだけでこの問題は解決しません。
肌に良くない影響を及ぼす原因は一人一人違います。
その線引き・ボーダーラインが敏感肌の人とそうでない人とは違うという事です。


・例えば、テフロン加工のフライパンなんて気にする人は一般的にはほとんどいないのではないでしょうか。
空焚きするとテフロンは徐々にはげてきますから、これは化学物質となって身体に入ります。
大多数の人には無害でも、過敏な人はこれに反応します。(化学物質過敏症レベルの人なら間違いなく反応します。)
現に私は鉄のフライパンを使用しています。(鉄は鉄分と同義だし、鉄アレルギーでもない限り無害です。)

 
・米の種類によっても体質に合う合わないなどと想像したことがありますか?
実際にあるのです。コシヒカリは良いけど、その他は良いとか。


・布団のカバー等もほこりを一切通さない、ダニを一切通さない加工をしたカバーを使っていますか?
これでくしゃみやアレルギーの出方が全く違います。目には見えない細かいことでもこんなに結果が違うのかとびっくりするほどです。


つまり、肌質と皮膚トラブル研究所(振り子∞波動研究所)では色々な環境の下で生きる人に対して、独自の調査(フリハ調査)をするところです。
特に肌が弱く困っている人にはお役に立てると思います。

 

どこへ行っても、何をしても駄目で肌が改善しない、困っているという人は、一度お越し下さい。

著者について

貴喜遵弥 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。