肌が弱いとあらゆる薬に注意!

投稿者:貴喜遵弥

肌が弱いとあらゆる薬に注意!

皆さん風邪をひいたらどうしますか。

熱が出ていたら、バファリンやセデスを。
鼻炎だったら、コンタックやパブロンを。

普通にしんどいだけなら、改源や総合感冒薬を飲みますか。PL顆粒とかで誤魔化しますか。抗生物質も一応飲みますか。

しかし、肌が弱い人はここでも注意しなければなりません。

薬というものは体への作用が大きいから薬なのであって、その相性や副作用次第では求める良い影響ではないこともありえるということです。

つまりにきびができやすい人がいて風邪をひいた場合、その飲む薬が結果としてにきびを増やすことになることもありえるということ。痒くなったり、蕁麻疹を起こすことももちろんありえる。

敏感肌、敏感体質の人は常備薬や、時々飲む薬、他コーヒーなどの嗜好品、お酒も調査する必要があります。

著者について

貴喜遵弥 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。