体質・肌質に合ったものを選ぶ

投稿者:貴喜遵弥

体質・肌質に合ったものを選ぶ

・高価な化粧品を使用しても、あなたの肌に合う保証はありません。
・単に最新世代の抗アレルギー剤がその人に効くわけではなく、常に漢方薬の86番:当帰飲子や6番:十味敗毒湯が肌に良い作用をするわけではありません。
・どんな食べ物やお薬、化粧品にもその人との相性、その人の体質との相性があります。さらにアルコールやカフェインなど、薬の効果を下げたり上げたりするものもあります。・100%オーガニックの食べ物や化粧品が全ての人に良いわけでは決してなく、保湿ワセリンの成分の中に肌質に合わない成分が含まれていれば、保湿をしても意味はありません。
私はそんなことも細かく調べています。

著者について

貴喜遵弥 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。