家の中にある肌に悪い原因をまずはなくそう

投稿者:貴喜遵弥

家の中にある肌に悪い原因をまずはなくそう

アレルギーがどこの症状に出るかは人それぞれ。

肌が弱い人は肌に、気管が弱い人は喘息としてでます。

これからの季節、スギ花粉はもうアレルギーの代表です。

でも、まずは家の中にも対処するべきことが残っていませんか?

・衣服は綿100%の肌着を着ていますか?(特に下着。化繊はダメ。)

・身体をふくタオルに残留洗剤は残っていませんか?(これはフリハ調査でないとまずわかりません。)

・空気の入れ替えをしていますか?これは、花粉症だからといって、完全密閉した部屋では逆効果。定期的に入れ替えをしないとそれ以外の室内の要因により、肌にダメージを受けます。

・カーテンを季節ごとに洗っていますか?(寝室やリビングのカーテンは定期的に洗ってください。ほこりが物凄く点いています。)

・家の床にはほこりが積もっていませんか?(歩くたびにほこりを舞い上げて、咳や肌異常の原因になりえます。)

・お風呂のシャワー水は、浄水に変えていますか?(塩素やトリハロメタン他肌にダメージを与えるものは複数あります)

・洗濯機のカビ取りと汚れネットの掃除、浴槽のカビ取りと殺菌は季節ごとにしていますか?(見えない奥にカビがあってそれが原因のこともあります。)

もし、これらがご自身ではわからない場合は、出張鑑定で調査することもできます。

又、対面鑑定で水やタオルを持ってきてもらって調査することもできます。

病院や皮膚科で花粉やダニ・ほこりなどのアレルギー検査が出来たところで、3週間くらいかけないと調査機関からの結果は出てこないでしょう。

又、その調査項目はせいぜい数十。

スピーディにその場で原因か否かを調べたり、その悪化数値を調べたりすることができるのは、私の経験上、やはりフリハ調査だけになります。

著者について

貴喜遵弥 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。