体質と食べ物の関係

投稿者:貴喜遵弥

体質と食べ物の関係

体質に合っている食べ物とは、その人にとって受け入れられる食べ物。例えは何でも良いのですが、”そば”を例えるとそれを食べてなんともない人は、その”そば”は体質に合っているわけです。”そば”を食べてアレルギーを起こす人や、具体的な異常を来たす人は、その”そば”は体質に合っていないと言えます。

今回は”そば”で例えましたが、梅干でもカレイでも、肉でも同じことが言えます。

又、人によってその許容レベルがあります。何を食べてもへっちゃらな人も中にはいますし、何かを食べると肌に蕁麻疹として出る人や、肌にでなくてもアレルギーとして喘息の方面で出る人、見えない内蔵の方へ影響の出る人など様々です。(出るタイミングはまちまち。肌にすぐ症状が出る人もいるし、じわじわ内臓疾患のようなかたちで出る人もいる。)

ここで、アトピーやニキビ肌、じんましん体質の人で具体的に例えてみますと、体質に合うものだけを食べていたら、特別その悪化要因はないわけです。内面からだけなら。

お茶よりもお酒やコーヒーよりの方がアレルギーが起こりやすいです。でもコーヒーが好きな人や、お酒をどうしても飲みたい人もいるでしょう。

又、野菜より魚の方が、魚より肉の方がアレルギーが起こりやすいです。でもお肉は好きな人は多いでしょう。

それをやめなさいというのは「言うは易し、行うは難し」なので、人それぞれに任せています。

漢方やお茶には、その反対の作用をするものや組み合わせがあります。どんな種類を選ぶのかはフリハ調査でわかります。アレルギーやにきびに対して有効なものの組み合わせを選ぶ方法ももちろんありますが、マイナス因子を消す方法も又別にあります。

著者について

貴喜遵弥 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。