肌と気温とシャワーの湯温の関係

投稿者:貴喜遵弥

肌と気温とシャワーの湯温の関係

肌が弱い人は、普通の人に比べるとあらゆることに肌が敏感です。

シャワーの時のお湯の温度など皆さん気にされたことありますか。

これは医者や皮膚科では話題に登ることもあまりないと思いますが、実際にはとても大切なお話です。

肌が弱い人であればある程、低温でないと皮膚の皮脂が流されて薬を塗っても、飲んでも、どんなケアをしても全く肌の回復が追いつかない・・・ことはざらにあります。かくいう私もそのタイプですが。

顔へかけるシャワーのお湯であれば冬場であれば35度位。春~夏にかけては毛穴も広がるので32度~それ以下にしておけば私の場合はまず安心です。

私はそれくらい低い温度でないとダメなのですが、もちろん大多数の人は私よりも肌が強いので、これが40度でも平気、42度でも問題ない、なんて人もいます。

又、この肌の耐熱温度ともいうべきものは、対策をしないと年齢とともに低下します。

私は誰よりも弱い自分の肌をベースとして調査・対策をして結果を出していますので、この調査や結論には根拠があります。
又、フリハ調査の誤差をなくすことにも一役買っています。

詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 肌質と皮膚トラブル研究所
≫≫ 理想からだ研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

依頼・支払い・利用案内
鑑定

著者について

貴喜遵弥 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。